TEL:0422-27-7744 受付時間:9:00~17:00 <土・日・祝日は休業> お問い合わせ
ヘナについて
 >   >  ハーブブラウン&ハーブマホガニーの施術

ハーブマホガニーの施術プロセス

施術時のシャンプー&トリートメントは当社ヘアケア商品を使うとより効果的です。

  1. 1

    カウンセリング白髪の量、損傷度合い、髪質、植物アレルギー等をチェック。

  2. 2

    シャンプー(ハーブシャンプー)で軽く洗い、タオルドライをします。

  3. 3

    前処理(ハーブトリートメント塗布)既染毛に多めに塗布する。(毛先が暗くなるのを防ぎます)

  4. 4

    ヘナ塗布ハーブマホガニー・ブラウンにお湯(50℃)を約3.5倍と、ヘナオイル1~2cc入れたものを用意します。
    スライス幅、約5mmでネーブから重ねて塗布。特にスライスラインは多めに。(量が少ないと染まりにくい)
    塗布後、ラッピング。

  5. 5

    加温 30~40分。クーリング5~10分。自然放置の場合45~60分おいて下さい。(時間を置けばおくほど、暗くなります)
    終了後カラーチェック。褪色している場合は、襟足より霧吹きでコームスルー。
    染まりにくいと想定される場合、加温30分。再度トップより再塗布。再塗布は空気に触れるように浮かして下さい。
    ラップせずに加温10分。

  6. 6

    洗髪(ハーブシャンプー)色落ちがなくなるまで、よく流し、その後1回シャンプーして下さい。

  7. 7

    コンディショナー仕上げ ハーブトリートメントを地肌にマッサージするように全体につけ、軽く流す。(流し過ぎない)
    塗布した所が薄いグリーンになります。12時間でブラウンになりますが、急ぐ場合は、分け目など目立つ所に、アイロン(180℃)を入れるとすぐブラウンになります。

  8. 8

    完了

施術ポイント

さらに明るく↑
ハーブブラウンにナチュラルを20%混ぜる。
さらに暗く↓
ハーブマホガニーにインディゴを20%混ぜる。
中間色 →
ハーブマホガニーとハーブブラウンを1対1で。

技術プロセスに関する注意事項

  • インディゴに反応する方もいるので、バッチテストは必要です。(特にアトピーの方)
  • ハーブマホガニーとハーブブラウンの発色をしっかりと確認する。(薄緑色) 共に発色が悪い場合は、染まりも悪くなります。
  • ハーブマホガニーを短時間で施術すると、インディゴブルーの色だけ発色して終わる場合があるので、 時間を守ってください。
  • 加温後の空気酸化が重要なポイントになるので、必ずラップをはずして、髪の毛を浮かせて酸化をしっかりと 行ってください。
  • へナの量は十分にとり、ペーストが柔らかくならないようにしてください。